2017年04月25日

よくわからない動き

練精会の新武道 空体道 には空法と呼ばれる十種の短い型があります。

その十の型ですが、動きは簡素で短くすぐに覚えられるものなのですが、その使い方(技、用法)がよくかわらないような動きになっているかもしれません(会員さんからもたまに質問を受けます)

よくわからない動きだから、よくわかる。そんな思いから生まれた動き(型)なのです。

また禅問答のようになってしまいましたが、よくわからない動きは、いいかえれば何にでも変化する可能性をもった動きと言えるのではないでしょうか。

よくわからないぶんだけ、その動きには打撃、崩し、投げ、関節技、すべての要素が含まれていると私は思っています。

だから会員さんは、空法をおこなう時は、使い方を意識せず、ただ動きを楽しんで下さい。そうやって何も考えずただ動く練習を続けることによって、対練や組み手において、よくわからない動きに含まれた無数の技の可能性に気づくことが出来るようになります。

前に出した私の空体道の自由舞の動画です。会員さんの参考になれば幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=Y9frXs-apio










posted by ロン at 06:20| 日記

練習日程

私の教室の練習日の連絡です。

今週の土曜西区体育館の円転太極拳教室(29日)と日曜の空体道教室(30日)ですが、ともに月の第五週ですのでお休みになります。

お間違えのないようによろしくお願いします。

また五月にお会いしましょう。

以上よろしくです。
posted by ロン at 02:27| 日記

2017年04月24日

まっすぐ

私の身体を上から下まで貫く(と言うより身体を包み込むと言った方がよいかもしれませんが)「まっすぐ」があります。

それは細い線と言うより、より太い円柱のような「まっすぐ」です。

以前は腕を動かすたび、足を動かすたび、身体を動かすたび、身体の中の「まっすぐ」は消えてなくなりました。

今も未熟な身ですが、前に比べると身体の中の「まっすぐ」が消えることが少なくなっているようです。

どう動かしても(腕を動かしても、足を動かしても、身体を前傾、後傾させても)「まっすぐ」が身体の中にいてくれるように感じています。

あくまで自己満足(の低い)レベルではありますが、少しは身体の中を重力が通るようになったのかもしれません。

ちょっとだけ嬉しいです。
posted by ロン at 19:20| 日記

2017年04月21日

感覚の融合

相反するように思える二種の感覚の融合が大切だと思っています。

軽やか、速さ、滑らか、変化、浮遊・・・

そして

重々しさ、ゆっくり、ゆったり、安定、落下・・・

練精会では身体を力を抜ぬくこと(重力との調和)によって、二種の感覚の融合を図っていきます。

軽やかであり重くもあり、速く見えるけどゆっくりであり、滑らかなのにゆったりとして、浮遊しながら落下している身体感覚・・・

そして融合の後は、何もない感覚・・・ただ自然(普通)に立つ、動く境地へ・・・

まだまだ全然な身ですが、そんな境地を目指したいと思っています。
posted by ロン at 12:13| 日記

2017年04月18日

暇な時は

あまり趣味のない私なので、暇な時は部屋で自由舞をしてるか杖を振っています。

そして動きながら、漠然とこれからも歳を重ねるたびにもっと楽に立ち、もっと楽に動き、出来るならもっと楽に人を制すことが出来ないかと、あーでもない、こーでもないとぼへ〜っと自問自答している自分がいます。

目指す道は自分なりにはっきりはしています。身体の力を抜き、重力と調和すること。

問題はその目標に近づくための練習方法のアイディアなのです。練習体系は今のままでよいと思っています。ただあとほんの少しのアイディアが必要かもしれないとも思っています。

昨夜からそのほんの少しのアイディアが訪れてきたようです。

そのアイディアがもう少し熟成されたら、空体道教室から取り入れていこうと思っています。

会員さんは、こうご期待・・・かな(笑)
posted by ロン at 23:18| 日記