2019年12月09日

しないこと

空体道の練習において、会員さんは何かをしようとしてしまいます。

でも空体道で大切なことは、何かをしようとすることではなく、何かをしないことなのです。

何かをしようとすることは、相手を打とうと思う、蹴ろうと思う、崩そうと思う、投げようと思うことです。

そのような作為の気持ちが働くと、身体は力み、緊張し、部分的な動きとなり、技が決まることはありません。

だから何かをしないことを学んでほしいのです。

何かをしないとは、相手を打とうと思わない、蹴ろうと思わない、崩そうと思わない、投げようと思わないことです。

結果を気にしなければ、身体の力は抜け、淀みなく、全体的な動きとなり、技が自然に決まるようになるのです。

空体道の練習、基本の操身法、型の空法、対練、組み手においては、作為の気持ち(結果を考える)を捨て、力を抜くことだけに気持ちを向け、そしてあとは身体と重力に委ねて、ただ動くことが大切です。

逆説的な表現ですが、何かをしなければ、何かを得ることが出来るのです。私はそう思っています。
posted by ロン at 11:57| 日記

2019年12月08日

セガール

よく妻のゆりかとスティーブン・セガールの映画を観ます。二人ともセガールおやじ(笑)のファンです。

セガールは合気道を本格的に修行され、映画の中で見事に技を決めています。また手法の打撃では中国武術的な動きも見受けられます。

ちなみに空体道も中国武術、合気道、空手道の要素から創られているので、セガールの映画の中の技と似ている技が多数あります。

そのセガールアクションのまとめ動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=Z8wGEVuT9yA&t=183s

会員さん、どうでしょう。似た動き、似た技があったでしょうか?
posted by ロン at 13:12| 日記

2019年12月06日

比較すべきは

妻のゆりかが練精会に入門した時にこんな質問をしてきました。

「先生、女性が男性を凌駕する強さを身につけることは可能ですか?」

その質問を聞いて、私は内家拳の老師に入門して少し経った時、老師から言われた言葉を思い出しました。

「川村さんは何で入門したのですか」私はすぐに答えました「強くなりたくて入門しました」

老師は少し悲しそうな顔でおっしゃいました。

「川村さんの求める強さとは何ですか?道場内の強さですか?大会としての強さですか?他流試合としての強さですか?それとも路上の実戦としての強さですか?強さには色々あります。何の強さを求めているのか明確にしないと、何も得ることは出来ませんよ」

私は何も答えることが出来ませんでした。子供のようにただ強くなりたいと言った自分の未熟さを恥じました。

そんな思い出がよみがえり、ゆりかにこう答えました。

「あなたがしっかり練習すれば男性を凌駕することは可能です。あなたが強くなったら、あなたより弱い男性もいるでしょう。でもあなたより強い男性も無数にいるのです。私にしても、私より弱い人は沢山はいるかも知れませんが、世の中には私より強い人も星の数ほどいるのです。だから・・・」

と私は続けました。

「他人と比較しての強さには限がありません。だから私は他人との比較ではなく、自分自身との比較としての強さを求めています。もちろん過去の自分とは闘えません。だから今の自分の動きの質、技の質、身体の質、意識の質を過去の自分と比較して、自分自身の進歩を強さとして認識するようにしています」

「はい」

「だからあなたも他人との比較ではなく、自分自身の比較としての強さを追求してほしいのです」

「はい、分かりました」

だいたいこんな話をしたように覚えています。未だに未熟な身なのに、何か悟ったような話をしてとても恥ずかしいのですが、今でもこの気持ちに変わりはありません。

比較すべきは他人ではなく、自分自身。そしていつか自分自身との比較も必要なくなり、ただ動くこと、重力と調和して、ただ動くことを楽しめるようになればいいな、と心から願っています。
posted by ロン at 10:48| 日記

2019年12月05日

自由舞

空体道の自由舞は、空体道の精華とも呼べるもので、空体道の基本の操身法、型の空法、そして対練や組み手で培ったものすべてを自由に表現するものです。

空体道で黒帯を目指す皆さんは、じっくりと自由舞に取り組まなければいけません。

自由舞はアドバイスなら出来ますが、詳しく教えることは出来ません。なぜなら自由舞は個人個人の自由な表現の現れだからです。

だから練習の前、後、そして個人練習で、空体道の表現として、そして何より自分自身の表現として自由舞に取り組んでほしいと思っています。

最近の私の自由舞は、より小さく、より簡素になっていて分かり難いかもしれませんので、少し前の動画を貼っておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=KirxadItO5o&feature=youtu.be

会員さんは参考にして下さい。
posted by ロン at 19:19| 日記

2019年12月04日

すべて受け入れる

空体道を学んでいる会員さんで色々と悩む人もいると思います。

力が抜けない・・・いつも緊張している・・・すぐに力む・・・型を上手く出来ない・・・技を覚えられない・・・組み手が上手くいかない・・・等々

そんな時はこう思ってください。すべてを受け入れると。

出来ない自分を変えようと焦るより、出来ない自分をすべて受け入れることが大切だと私は思っています。

受け入れるとは、自分に抵抗しないこと。抵抗は更なる力みを生み、緊張を生み、身体を硬直させます。

でもすべてを受け入れることによって、そして自分に抵抗しないことによって、時間はかかると思いますが、力みが消え、緊張が無くなり、型は滑らかに、技が自由になり、組み手が自然に楽しくなっていきます。

そして受け入れることがやがて、自分を変えることにつながっていくのかも知れません。

出来る自分も出来ない自分も、すべて自分自身です。そんな自分を受け入れてあげてください。

そのほうがきっと上手くいくと思います。
posted by ロン at 09:57| 日記