2018年01月30日

新空法

会員さんにお知らせしていた、空体道の型、新空法がやっと完成しました。

型数は以前と同じで12です。

以前の型を改変したもの、新たに加えたもの(当然削ったものもあります)、私なりに練精会のすべてを12の動きに凝縮したつもりです。

以前の型より、少し難しくはなっていますが、時間さえかければ誰もが身につけられる動きです。

今週の空体道教室から導入していきますので、会員さんは楽しみにしていて下さい。

名称は一部暫定的ですが、前後手 上下手 開合手 斜拳 円転手 回旋手 直拳 車輪手 左右旋回 三角転身 四方転換 遠心求心

それでは空体道教室でお会いしましょう!
posted by ロン at 16:42| 日記

2018年01月28日

内面の回転力

内面の揺らぎから生まれる回転力の説明動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=VgBU24WXa_I

会員さんは参考にしてください。
posted by ロン at 13:13| 日記

2018年01月25日

空法の進化

空体道の型、空法は現在12型があります。

一つ一つじっくり時間をかけて(悩みながら)作りあげた型で、私にとって宝物のようなものなのです。

しかし今回、更なる進歩を求めて、空法を一部作りなおすことにしました。

空法の型は一つ一つに打撃、崩し、投げ、歩法、体捌きが含まているのですが、いくつかの型はその意味において不十分なことに気づいたのです。

それがどうしても我慢できないのです。完全な型など作れる身ではありませんが、今より進化(進歩)の可能性があれば、何としても作り直す必要があるのです。自分の中で疑問を感じる型は自分を偽っているように感じているのです。

大きな組織で型を変更することはいろいろ大変だと思いますが、練精会のように小さな会であれば許されるのでは、と勝手に思っています(会員さんは迷惑かもしれませんが、皆納得してくれると信じています)

すでにいくつかの型の改変は出来ているのですが、まだ3つの改変が残されています。この3つがとても悩ましく苦戦しています・・・

何とか、今月中に間に合えばよいのですが、会員さんには申し訳ありませんが、空法が出来上がるまでは、空体道教室では、脱力法と操身法を中心に型をおこないます。

会員さんはもうしばらくお待ちください。未熟な身ですが、まちがいなく進化した空法の型をお見せできると思います。乞うご期待して下さい!
posted by ロン at 09:18| 日記

2018年01月23日

避ける

練精会では相手の攻撃を受けるのでもなく、逃げるのでもなく、避けることを大事にしています。

相手の攻撃を受ける場合、相手が武器を持っていると受けた腕にダメージを受けます。

相手の攻撃を逃げる場合、逃げまわってもいつか相手に追い詰められる可能性が高いです。

そして相手の攻撃を避ける場合、相手が武器を持っていても、ダメージを受けないし、逃げているわけではないので、避けながら同時に反撃が可能になります。

私はも未熟ですので、あくまで理想論ですが、すたすた歩きながらぎりぎりで相手の攻撃をすれ違うかのように避け、避けると同時に打撃、崩し、投げを繰り出していたいのです。

受けず、逃げず、避けることを私も学びながら、会員さんに伝えたいと思っています。
posted by ロン at 09:18| 日記

2018年01月22日

大切なものをそっと扱うように

相手を打ったり、崩したり、投げたりする時、大切なものをそっと扱うように繊細に触れていくのがとても大切だと思っています。

これはなにも敬愛精神からのおこないではなく、そのほうがより自分の重さが相手に伝わり、そして技の反動というか負荷がこちらに返ってこないからです。

そしてもちろん、自分の身体を動かすときも、大切なものをそっと扱うようにします。

繊細な気持ちで身体を扱うことによって、ことの起こりの見えない、滑らかで、淀みない、そして身体に負荷のかからない動きが生まれると思っています。

それはとてもとても難しいことだと思っていますが、精細な動きと、繊細な心を心がけ、稽古していきます。
posted by ロン at 08:43| 日記