2018年06月24日

ひさしぶりの動画です

重さ(重力)が頭から足裏まで通った身体になれば、わずかな動きで相手を打ち、崩し、投げることが可能になります。その解説動画です。

今回も相手役を務めてくれたラーテル君(もちろんニックネームです)ありがとう。

https://www.youtube.com/watch?v=hGITEudZnI8


posted by ロン at 14:30| 日記

2018年06月23日

より小さく、より何気なく

頭から足裏まで重さ(重力)が通った身体になるにつれ、その動きはより小さく、より何気なくなります。

小手先の動きのような小さな動きで・・・そして予備動作も無く、作為も無い、何気なく見える動きで・・・相手に触れた瞬間にこちらの全身の重さが伝わるのです。

より小さい動きで、より何気ない動きで、打ち、崩し、投げる・・・

やっとその入り口までは何とか来れたように近頃感じています(もちろんまだまだ未熟で不十分ではありますが・・・)

下手なりに諦めずにこつこつ稽古を続けていれば何かを得ることが出来るようです。これだから武術、武道はやめられませんね。
posted by ロン at 19:43| 日記

7月の練習日程

大丸17月の練習日程ですが、中島体育センター金曜日練習に変更があります。

第二週13日(金)のみ格技室が使用可能でその他の全ての週の金曜日が使用不可のため、13日のみ金曜日に練習とし、それ以外の3週は木曜と合同で行います。

金曜日練習参加の方はお間違えのないようにお願いします。

大丸1日曜日は5週あるため、5週目が休みになります。
posted by ロン at 09:22| 日記

2018年06月21日

ばらばら

空体道の身体内面感覚の説明です。

いつもどおり妄想全開ですので、会員さんは注意して聞いてください(笑い)

私の身体内部はいつもばらばらです。妄想的には細胞一つ一つがそれぞればらばらにゆらいでいる感覚です。

そのばらばらにゆらいでいる内面が、私が動こうと思った瞬間、ばらばらのまま(このばらばらのままが大切です)ひとつにまとまり、動きます。

ばらばらのままひとつにまとまる動き・・・それは身体どの各部に遅れも停滞も無く、すべてが等速に同時に動く動きです。

ばらばらのまままとまる動きは、相手に動きを読まれにくく、かつ、相手にそっと触れた瞬間、こちらの全ての重さが何のタイムラグなしに伝わる動きです。

もっと妄想的に言えば、そんな動きは、相手と異なる次元、異なる空間にいるような動きと呼べるかもしれません・・・

私は未熟も未熟。体現出来るレベルではないので、あくまで今は妄想しか出来ませんが・・・

でも絶対到達できないとはおもっていません。これからもこつこつ稽古を続けていれば、もしかしたらその入り口ぐらいにはたどり着けるかもしれません。

そんな妄想を抱きながらの空体道の一人稽古、とっても楽しいものです。

posted by ロン at 16:28| 日記

2018年06月16日

接触点になる

相手を崩したり、投げたりする時の感覚のお話です。

相手と接触したら、その接触点そのものになることです。

頭も、胸も、背中も、腰も、脚の消していき、自分が接触点だけになったと感じることが出来たら、その接触点は重さそのものになり、触れた瞬間、相手に重さが何のタイムラグなしに瞬時に伝わります。

接触点ではなく他の部位から動くとそうはいきません。

だから接触点以外の部位を消していき、接触点(重さ)そのものとなることがとても大切だと私は思っています。

私もその入り口に入った程度のレベルなので、あまり偉そうにいえないのですが、会員さんは覚えておいてください。いつか分かる日がきっと訪れます。
posted by ロン at 21:11| 日記