2019年01月10日

相手は半透明

空体道の稽古で、相手の存在に囚われると良い結果にはならないと思っています。

もっと強く打たないと効かないかも、もっと勢いをつけて打たないと倒れないかも、もっと激しく打たないと反撃されるかも・・・もっと力を込めて投げないと投げられないかも、もっとふんばって投げないと投げられないかも、もっと相手を振り回さないと投げられないかも・・・

こんな風に相手の存在に囚われて技を繰り出しても、打撃はかわされ、防御され、そして反撃されるでしょう。また投げは堪えられ、すかされ、そして反撃されるでしょう。

会員さんは対練にしても組み手にしても相手の存在を過剰に感じすぎていると思います。そこで相手は半透明の存在だと思ってみてはいかがでしょうか。

相手の存在は分かるが、身体が半透明で、身体を透かして後ろの壁が少し見えるような感じ。

半透明の相手に突きを出しても、突きは相手の身体を通り抜けてしまう。相手に触れることは出来るが、投げようとして技を繰り出すと、やはり自分の腕や腰、脚が相手の体を素通りしてしまう。

そんな存在をイメージするのです。突きや投げが素通りしてしまう相手に、強く打とうとか、力を入れて投げようとは思わないですよね。どんな攻撃も素通りしてしまうのですから、やるだけ無駄ですよね。頑張れば頑張るほど徒労に終わってしまいます。

そして、どうせ無駄なんでしょ、と思いながら、相手に打撃や投げを試みてください。その動きは、相手にまったく囚われていないので、型で培った通りの力の抜けた、バランスの整った、柔らかい、スムーズな動きになっているはずです。

そうすれば今まで当たらなかった打撃が当たり、今まで投げられなかった投げが、自分でも信じられないくらい軽やかに決まるでしょう。

あくまで理想論として書いていますので、そのようなイメージを持てていても、実力差があれば、そう簡単にいかない場合が多いのも事実です。

しかし相手の存在に過剰に反応して、相手に囚われることがなくなれば、自分の身体の可能性の存在(身体本来の能力)に気付くことが出来るだけでも十分な進歩です。

相手に囚われやすい会員さんは是非試してみて下さい。




posted by ロン at 13:32| 日記