2019年01月11日

空法

空体道の型を空法と呼んでいます。空法は十二の短い動き(中国武術で言うところの単式)からなっています。

空法は私が学んだり、研究したり、経験した、内家拳(太極拳、八卦掌、形意拳)、合気道、空手の影響から作られています。その中でも内家拳の要素が濃く反映されていると思います。

その空法ですが、型を見ると、打撃の型なのか、投げの型なのか、何を表しているのか判別し難い動きになっています。実はあえてそのような動きになるようにしてあります。

何を表しているのかよく分からない動きは、裏を返せば何にでもなれる動きとも言えます。だから一つの短い型(動き)の中に、打撃、崩し、投げ、関節技の要素、可能性が含まれているのです。

会員さんは、どの型でも打撃とか投げといった用法を意識せず、ただ動くことがとても大切だと私は思っています。ただ動くことによって、動きの可能性が広がり、そして技の可能性が広がる、そんな空法になってほしいと願っています。

で、2019年空法にほんの少しだけ変更を行います。一箇所だけの本当に小さな変更です。そしてそれにともなって名称が2箇所変更になります。2019空法の名称は 前後手、上下手、開合手、斜拳、内転手、外転手、
直拳、車輪手、左右旋回、三角転身、四方転換、遠心求心、となります。円転手が内転手、回旋手が外転手に変更になったわけです。また基本の脱力法の腕振りが全部で5つに増えます。

今週、土曜日の教室から変更していきますので、お楽しみに!
posted by ロン at 08:49| 日記