2019年02月01日

無事終了

前に書きました「太平百合が原大学の生涯学習講座」の講習会が本日行われ、無事終了することが出来ました。

雪の降る中、90名近い参加者(平均年齢72歳だそうです)がお集まりくださり、熱心に私とゆりかの講座を受けて下さいました。

はじめに空体道の思想と理論の説明(身体の力を抜き、重力と調和することによって、身体の可能性を引き出していくこと)を説明して、その後は空体道の基本である、脱力法(腕振り、脚振り、腰伸ばし、体振り、体揺すり)と操体法(肩回し、腹伸ばし、胸伸ばし、脇伸ばし、腰回し、腕回し)を参加者の皆さんと一緒におこないました。

そして説明と体験の合間に、私が太極拳の型を、ゆりかが八卦掌の型を、そして私が空体道の自由舞をおこない、また力の抜けた身体の可能性として、ゆりかに私が重さによる崩しや投げの技を披露しました。

その後何人かの参加者の方々に私やゆりかの身体を押したり、引いたりしてもらい、力の抜けた身体の安定感を体験してもらいました。

あっという間の2時間でしたが、皆さんは体験された空体道の脱力法、操身法に非常に持っていただけたようで、熱心にノートに動き方をメモされる方が何人もいらっしゃいました。

終了後に、たくさんの方から「身体が楽になった」「とても気持ちよかった」「毎日脱力法、操身法をやってみます」「また来てください」と感謝の言葉をいただきました。その言葉をいただけただけで、講座をおこなって本当によかったです。

またこんな機会があったら、空体道を知っていただき、そして身体の可能性を知っていただくために、講師として参加しようと思いました。

参加された皆様、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
posted by ロン at 19:47| 日記