2019年06月23日

背面を感じる

今日の空体道の練習でのアドバイスなのですが、大切なことなので他の会員さんにも知ってほしいので書きますね。

身体の力が本当の意味で抜けたなら必要ないことではあるのですが、それまでは方便として背面を意識することが大切なのです。

身体の真っ直ぐを感じて(重力を感じて)と言うと、身体の前面(顔、胸、腹、太腿、脛)だけを意識してしまう会員さんは多いと思います。

これは仕方がないことで、普段目に見える部分に無意識的にどうしても意識が集まり、身体の背面(後頭部、背中、腰、ハムストリングス、ふくらはぎ)へはあまり意識が向かないのです。

これではまっすぐ立っているつもりでも、意識の前後バランスが崩れているので、重力を身体の中に通すことが十分出来ず、相手に重さも十分に伝えることは出来ません。

だから真っ直ぐと言われたら、身体の背面を意識してみて下さい。

そしてその意識がほどほどに定着したら、型、対練、組み手でも自分の背面を感じながら動いてみましょう。うまく意識によって身体の前後バランスが整ったら、いつもより楽に身体が動き、いつもより重さが相手に伝わることでしょう。

ただしあくまで方便としての教えなので、前後バランスがある程度でも整ったのなら、もう背面を感じようとしないで下さい。いつまでもその意識を引きずってしまうと、その意識に囚われてしまう(作為から抜け出せなくなる)からです。

以上、方便としての背面への意識の説明でした。
posted by ロン at 15:23| 日記