2019年06月29日

柔の防御 剛の防御

今回は防御のお話です。

空体道の防御には柔の防御と剛の防御があります。

柔と剛と言っても、脱力に特化した空体道ですから、剛と言ってもあくまで脱力体のままおこないます。なので正式には柔の中の柔の防御、柔の中の剛の防御と言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。

柔の中の柔とは相手の攻撃を飲み込むような防御。相手の攻撃を流す、反らす、かわす。攻撃に逆らわず、その流れに乗って受け、相手の威力を消し、そして自らの勢いでをバランスを崩した相手に反撃を加えます。自分の身を安全を確保したのちの反撃。

柔の中の防御とは相手の攻撃をつぶしてしまう防御。相手の攻撃は受け流さす、そのまま手や腕で受ける、払う、抑える。全身の重さが手に宿れば、防御した手から相手にこちらの全ての重さが伝わるので、その重さで攻撃した相手が崩れ落ち、あるいは吹っ飛びます。防御と同時の反撃。

空体道の組み手は柔の防御からの攻防を練習します。護身術として考えれば、とにかく柔の防御での変化を身につける必要があるからです。まず自在に相手の攻撃を受け流せる身体を目指すのです。

柔の中の剛の防御。私もまだまだそれをやると力みが混じってしまいます。だから会員さんは、柔の防御に徹底して組み手に望んでくださいね。
posted by ロン at 22:44| 日記

在るものに気づく

会員さんは、対練や組み手で上手くいかない時、上手くいかない何かを外に求めてはいけません。答えを外に求めないのが空体道なのです。

答えは最初から皆さんの中に在るからです。在るものに気付くことがとても大切だと私は思います。

最初から在るもの、いつも書いていることですが、それは重さです。

大きくても、小さくても、若くても、老いても、男でも、女でも、誰もが最初から持っているもの、それが重さです。

「でも先生、100キロの人と40キロの人では体重差があります。やはり重さと言っても体重がある人が圧倒的に有利ですよね」

そんな質問もあると思います。確かにある意味では正しいとは言えますが、でもよく考えてみてください。例えば40キロがいきなり、腕に乗っかったとしたらバランスを崩さない人がいるのでしょうか?また40キロの塊が顔や腹に激突したら、ダメージを負わない人がいるでしょうか?また武器を持ったとしたら、100キロの人より、40キロの人のほうが動きが素早くて、変化に富むのではないでしょうか?・・・

だから会員さんは安心して、最初から在るもの、重さを信じて、ひたすら力を抜くための練習に取り組んで下さい。中途半端な抜き方では、重さを全て活用することは出来ません。力を抜いて、抜いて、抜いて、また抜くのです。

そうすれば最初から在るものに気付き、その素晴らしさに感動することでしょう。

重さの可能性は計り知れないのです。


posted by ロン at 17:40| 日記