2019年07月05日

老後の準備

もうすぐ還暦の私ですが、今でも若い会員さんより、動きは速いし滑らかだと思います。

でもそれが生涯続くわけはありません。だから老後の準備を始める必要があるのです。

歳を取れば、筋力は衰え、反射神経も衰え、瞬発力も持久力も、そして回復力も衰えてしまいます。鍛錬を続けて衰えを抑えることも人によっては可能だと思いますが、ずぼらな私には無理のようです。

だから老後の準備です。より小さな動きで、より簡素な動きで、よりゆっくりした動きで、より無理をしない動きで相手を制する必要があります。

その為にはいつも書いていることですが、全身の重さの活用(重力との調和)に賭けようと私は思っています。

全身の力がすべて均等に抜け、重さが頭から足裏まで通った身体なら、相手のどんな攻撃に対しても、相手の身体のどの部分でも触れることが出来たなら、全身の重さで、相手に何もさせずに制することが可能になるかもしれないと私は考えています。

相手の攻撃に対し触れるだけ制する境地。この境地を目指したいのです。

今の私には夢物語の境地ですが、武術を始めてからの夢、衰えない武術、一生向上する武術を体現するためにはその夢物語に託すしか道はないと思っているのです。

こう書くと何か悲壮な覚悟のように思われるかもしれませんが、その逆で本人はいたってのん気です。だって力を抜くことに、先に書いた筋力、反射神経、瞬発力、持久力、回復力は必要ないのですから。すぼらでものぐさな私でも力を抜く練習は一生続けられるからです。

この先私が60代、70代、80代、90代(この世にいられたらですが)になった時、どんなことになっているのかは、神のみぞ知る、ですが、でも歳を取れば取るほど、わくわく感が高まる気持ちになれるのは、本当に幸せなことだと思っています。

会員さんも同じようなわくわくする気持ちでいてくれたらいいなぁ。
posted by ロン at 20:27| 日記

相撲

私が小学生の頃、休み時間に体育館で相撲をとることが流行りました。

私も毎日相撲をとったものでした。体格は普通ぐらいだったのですが、熱心だった私は同級生では物足りなくなり、上級生のグループに混じり、投げたり投げられたりの日々でした。

またお祭りの時の相撲大会によく参加して、景品のおやつ袋をゲットしていました。

そんな成果なのか、高校時代の柔道の授業で、私は初心者ながらクラスチャンピオンになることが出来たのです。

その後、大学生時代に友人(アマチュアプロレス仲間)から、レスリングと柔道を少しだけですが、教えてもらう機会もありました。

そして内家拳を学び始めた時、老師から「川村さんは投げ技が上手いね」と褒められ、とても嬉しかったことを覚えています。また何度か組み手の大会に出場したことがありますが、投げありのルールの時は、打撃より投げでポイントを多く取っていたように思います。

またその後、合気道を学んだことによって、投げ技に対する感覚がより広がることが出来ました。

以上のような経験から空体道では打撃と投げの両方を練習しています。

ただし打撃と投げを区別して練習しているわけではなく、打撃と投げは同じ身体の使い方としての複合技術(打撃から投げへの変化、投げから打撃への変化)として指導しています。

この打撃と投げの複合技術には内家拳の老師からの多大な影響があります。老師がいなければ今の自分はありません。本当にありがとうございました。感謝しています。

にしても小学校時代の相撲、床が木だったので、けっこう痛い思い(いつも上級生とやっていたのでよく投げられました)もしましたが、今となってはその経験が本当に役に立ってくれました。相撲、ありがとうです。

前にアップした動画ですが、打撃と投げの複合の映像です。会員さんは参考にして下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=au325RdFLZg

posted by ロン at 16:39| 日記