2020年05月09日

立つことの素晴らしさ

自粛期間、立つ稽古(立禅、上下法、前後法、左右法)と歩く稽古(前進歩、後退歩)を重点的におこなってきた成果が少しずつ出始めているように感じます。

立禅(足は並行立ち、手は抱式)の時に妻のゆりかにかなりの力で(前屈立ちで両手で私の胸を全力で押します)押されてもぐらつかなくなってきました。その状態で少しだけ重心移動すれば、押しているゆりかを吹っ飛ばすことも出来ます。

今、改めて立つ力の素晴らしさを実感しています。

全身の力を抜き、重さを頭から足裏まで落とし、そして重力との調和を図る。これが少しは身につくと、身体は非常に安定し、少し動いたただけで全身の重さが相手に伝わるようになるのです。

歳とともに身体のいろいろな部分が衰えますが、重さは衰えることがありません。いつでも身体に宿ってくれています。

その素晴らしい存在に気づき、その感覚を高めていくのが空体道の立つ稽古、歩く稽古の目的です。

会員さんも立つ、歩く稽古を続けて下さい。続けていれば徐々にですが、身体が内面から変化していくことに気づくはずです。稽古再会の日まで一人稽古頑張って下さい。
posted by ロン at 13:57| 日記

2020年05月07日

得たもの

歳をとって私が失ったもの。

瞬発力、持久力、柔軟性、回復力、反射神経、動体視力等々・・・たくさんあります。

歳をとって私が得たもの。

重さ・・・これだけです。

こう比較すると何かとても寂しい感じがするかもしれませんね(笑)

でもたくさんの失ったものを、ただひとつだけ得られたもの「重さ」がすべて補ってくれたのです。いや補った以上の素晴らしいものを与えてくれたのだと実感しています。

だからこれからの武術人生で追求するものも基本的に「重さ」だけになります。

重さだけを、重さの質だけを追求することだけで、年齢、体格、性別を超えた次元に到達する可能性を感じています。

いろいろやることが多いと面倒くさがり屋の私には困難でも、ただ重さだけ追及すればよいのなら一生続けられそうな気がします。

だから会員の皆さんも、ただ重さだけ(脱力)を意識して一人稽古に励んで下さい。
posted by ロン at 22:03| 日記

2020年05月06日

円転太極拳動画

私の円転54式太極拳の動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=_dWldYJjpfg

54式のうち11式までおこなっています。

現在は練精会では空体道中心の稽古で、円転太極拳はおこなっていませんが、以前に学んだ会員さんは参考にして下さい。
posted by ロン at 12:17| 日記

2020年05月05日

動画アップ

空体道の自由舞の新動画をアップしました。

https://www.youtube.com/watch?v=yg6A9S2unfo

会員さんは一人練習の参考にして下さい。
posted by ロン at 17:08| 日記

2020年05月03日

災い転じて

今日も妻のゆりかと昨日と同じ公園に行き、武術練習を楽しみました。

昨日と同じで人があまり居ないので、のびのび気持ちよく練習出来ました。

今は自粛の時期で私も色々大変ですが、武術の一人稽古については普段より良い環境かもしれません。

そんな一人稽古を通じて近頃感じている感覚は、全身のまとまり、統一感が増している感覚です。

この統一感は、内面からの膨張感でもあり、また全身に何かが通っての硬質感でもあります。

昨年10月で還暦になってから、今進歩の時期を迎えているのが実感出来ます。それはとても嬉しく幸せなことです。

この状況が災い転じて福となるようにこれからも自宅と公園での稽古を続けます。会員さんも続け〜
posted by ロン at 15:54| 日記