2020年09月04日

去ったもの

去ったものは戻らない、と私は思っています。

もうすぐ61歳になる私から去っていったもの。瞬発力、持久力、反射神経、柔軟性、持久力、耐久力、回復力等々・・・武術において大切なものが年齢と共に去っていきました・・・

でも私は去っていったものに未練を感じてはいません。

なぜなら私から去っていかなかったものが私(の武術)をちゃんと支えてくれているからです。

それは重さです。

幾つになっても身体の力が抜ければ抜けるほど重さの感覚は増し続け、去っていったものをすべてカバーしてくれているからです。否、カバーではなく去っていったもの以上の可能性を私に与えてくれているかも知れません。

ただ正直、昔の私より今の私のほうが強いかどうかは分かりません。弱いかも知れません。でも身体の質、動きの質に関しては昔の私より今の私のほうが良い、と自信を持って言えることは確かなのです。

だから私より若い会員さんも、私より若くない会員さんも、重さの可能性を信じて稽古を続けてほしいと思っています。

去ったものを気にせず、残ったものを大切に、です。
posted by ロン at 23:06| 日記