2021年01月17日

宇宙刑事ギャバン

前にも書いたことがありますが、大学時代に特撮ヒーローショウのアルバイトをしたことがあります。

戦隊シリーズのサンバルカンやらゴーグルファイブやら、はてはウルトラマンから色々やりましたが、一番思い出に残っているのが宇宙刑事ギャバン役でした。

なぜかと言うと、戦隊ものは3人または5人のヒーローの中の1人(いつもはレッドかブラック役)でしたが、ギャバンはヒーロー1人なので、目立ちがり屋の私にはぴったりくる役だったからです。

ショッピングセンターや遊園地、または地方の市民会館なので、何度もギャバンに扮してアクションを繰りひろげたものです。当時はまだ若かったので、回し蹴りから後ろ回し蹴り、そして飛び後ろ回し蹴りといった三連続蹴りや、前宙やバック宙なども楽にこなしていました。

ただこのギャバンの衣装、戦隊ものより数段動きづらいものでもあったのです。胸周りのプロテクターで動きが制限されるし、何より仮面の視界が非常に狭かったのです。

しかし会場に来ているいたいけな子供達を楽しませないといけないので、動きづらい見づらいハンデなどと言ってはいられません。必死でそして全力でアクションしました。

結果どうなるのか。被害は戦闘員や怪人に及ぶのです。何せ視界が悪く距離感が分からない中、全力でアクションするので、私のパンチやキックが相手に直撃することが多々あったのです(笑)

一度私の後ろ回し蹴りが戦闘員の頭にまともに入ってしまい、相手はその場でKO。スタッフさんがあわてて死んだマグロを引っ張るように、足を持ってズルズルと控え室まで運んだこともありました(笑)

後で必死にあやまりましたが「いいよな〜ヒーローはやられ役じゃなくて」と恨めしげに文句を言われましたが、ヒーローも楽ではありません。その後のサイン会が待っているからです。

スタッフさんが色紙を販売している横で私(ギャバン)は立って、一人一人に握手をするのですが、全力でアクションをした後、しかも夏の日の屋外などは、蒸し風呂に入っている以上の暑さなのです。スーツの中は汗一杯、呼吸も楽にならず、サイン会が早く終わってくれ〜と倒れそうになりながら必死で祈っていました。

でもいたいけな子供の「ギャバン、テレビでも頑張ってね」との言葉を聞くと、ここで倒れるわけにはいかないと耐える私なのでした。サイン会が終わった後、ギャバンの靴を脱いで逆さにすると汗がジョーと大量に流れました。

私、ギャバン役がよほど気に入っていたのか、今でもたまにギャバンに入ってアクションしている夢を見ます。宇宙刑事ギャバン、青春のよき思い出です。今やったら宇宙老人ギャバン爺さんになってしまうな(笑)
posted by ロン at 10:09| 日記

2021年01月14日

地味

10年前ほどから教室での私の組み手を撮影するようにしています。

自分の動きを研究するために撮影を続けていたのですが、10年前にくらべると今の私の組み手の動きはかなり地味になっています。

悲観的に見ると、60歳を越えているので動きの多彩さや切れがなくなっている。好意的に見ると、少しの動きで相手を制すようになってきた。

自分としてはどちらの答えも正しいように思えます。50代前半までの鋭い動きは衰え、地味だけど重さのある動きは増している。

よく妄想をします。10年前の自分と今の自分が戦ったらと。50歳の動の自分の動きと60歳の静の自分の動き。

結果は正直分かりませんが、50歳までは体験に来られた空手諸流派の黒帯の方々やキックボクシングの方々等々と普通に組み手をやっていましたので、そんなに弱くはなかったと思います。今はそんな交流組み手をしていないので60歳の私の方が分が悪いようにも思えます。

でも今は脱力が進歩し重さの威力は50歳よりはるかに増しているので、一概に分が悪いとは言えません。もしかしたら分が良いかもと思えることもあります。

まあ、あくまで私の個人的な範囲のお話になので(笑)どちらにしろそんなに凄い訳でも強い訳でもないのですが、60歳を超えても、50歳(40代あるいは30代でも)の自分と比較できることが嬉しいことでもあります。

この先どうなるかは分かりませんが、願わくばお迎えが来るまで進歩、進化、深化をし続けたいものです。良い意味で今よりもっと地味な私を目指します。
posted by ロン at 17:39| 日記

2021年01月12日

妻を押す

副代表であり妻のゆりかをいつも押しています。

いつも押しているとは意味不明の言葉ですね。具体的にはゆりかの身体の脱力状態、まとまり状態の進歩を確認するため、前後や左右から手で押したり、身体で押したりしているのです。

主に家の中でやっているのですが、ついついいつもの癖が出て、二人がよくいく古本屋(ブックオフ)の中でもやってしまうことがあります。

今のゆりかはどんな方向から押してもある程度の圧力であればびくともしない安定度になっています。なのでこちらも強度を上げでぐい〜っと押し続けることになります。

家では別に問題はないのですが、古本屋でやってしまうと、傍から見たら変態おやじが女性に詰め寄っているように見えるかもしれません。

基本誰もいない時にやってはいるのですが、いつか店員さんに警察に通報されるかもしれませんね(笑)今後、外ではやらないようになるべく気ををつけます(笑)
posted by ロン at 15:39| 日記

妻を押す

副代表であり妻のゆりかをいつも押しています。

いつも押しているとは意味不明の言葉ですね。具体的にはゆりかの身体の脱力状態、まとまり状態の進歩を確認するため、前後や左右から手で押したり、身体で押したりしているのです。

主に家の中でやっているのですが、ついついいつもの癖が出て、二人がよくいく古本屋(ブックオフ)の中でもやってしまうことがあります。

今のゆりかはどんな方向から押してもある程度の圧力であればびくともしない安定度になっています。なのでこちらもある程度強度を上げでぐい〜っと押し続けることになります。

家では別に問題はないのですが、古本屋でやってしまうと、傍から見たら変態おやじが女性に詰め寄っているように見えるかもしれません。

基本誰もいない時にやってはいるのですが、いつか店員さんに警察に通報されるかもしれませんね(笑)今後、外ではやらないようになるべく気ををつけます(笑)
posted by ロン at 15:28| 日記

妻を押す

副代表であり妻のゆりかをいつも押しています。

いつも押しているとは意味不明の言葉ですね。具体的にはゆりかの脱力状態、身体のまとまり状態の進歩を確認するため、前後や左右から手で押したり、身体で押したりしているのです。

主に家の中でやっているのですが、ついついいつもの癖が出て、二人がよくいく古本屋(ブックオフ)の中でもやってしまうことがあります。

今のゆりかはどんな方向から押してもある程度の圧力であればびくともしない安定度になっています。なのでこちらもある程度強度を上げでぐい〜っと押し続けることになります。

家では別に問題はないのですが、古本屋でやってしまうと、傍から見たら変態おやじが女性に詰め寄っているように見えるかもしれません。

基本誰もいない時にやってはいるのですが、いつか店員さんに警察に通報されるかもしれませんね(笑)今後、外ではやらないようになるべく気ををつけます(笑)
posted by ロン at 15:26| 日記