2021年01月29日

古流柔術

空体道の稽古は二箇所の体育館格技室でおこなっていますが、格技室は一般開放なので、私たち以外にも(主に空手道や合気道)武道、武術をされている人たちもいらっしゃいます。

そんな中、空手を指導されている方と合気道を指導されている方から同じ質問をうけたことがあります。

「あなたの指導されてるものは古流の柔術ですか?」

空体道の主なルーツは中国武術の内家三拳(太極拳、八卦掌、形意拳)ですが、そこに合気道、空手の要素も入っていますし、道着を着用し打撃、崩し、投げの含まれる対練、組み手をしているので、古流の柔術の一派と思われたのかもしれません。

私がルーツは中国武術でそこに合気道や空手の要素が融合されたものと説明すると「ああ、そうですか。何となく当身のある柔道、当身のある合気道のように見えたので、古流の柔術の一派かと」との返事でした。

う〜む、古流柔術の一派か。何となくそんな呼び名も悪くないな〜と思う私なのでした(笑)
posted by ロン at 16:28| 日記