2021年04月07日

打撃と重さの方向

空体道では打撃の方向と重さの方向とは比例しません。

例えば前方を攻撃する時に、例えば突きであれば、当然のことながら突きは前方へ移動します。

しかし重さの方向は突きの方向とは異なり、上から下の鉛直方向へ働きます。なぜなら重力は常に地球の中心へ働いているので、重さも常に上から下の鉛直方向に働くことになります。

どんな方向、どんな角度に打撃が向かおうと、重さはいつも上から下。これが空体道の原理となります。

この原理を会員さんは忘れないようにして下さい。打撃に限らず、どんな攻撃をしようと、どんな動きをしようと重さは上から下に働くこと。これが自分と重力との調和の第一歩になると私は思っています。

前に上げた動画ですが、打撃は前方向、身体は上下方向の説明動画です。会員さんは参考にして下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=RZJmw8XAlac


posted by ロン at 16:20| 日記