2022年07月10日

突きについて

今回は空体道の突きについて少し説明したいと思います。

空体道の突きは、棒立ちでただ腕を伸ばすだけの感覚が大切です。

身体の反動は使いませんし、腰を回すこともしません。

なので見た目は素人のように威力の無い突きに見えると思います。

こんな突きですが、長所としては、ただ腕を伸ばすだけの動きなので、相手からすれば初動が分かりにくく、また腕をあまり曲げないで突くので、突然目の前に拳が現れたように感じて防御が間に合わなくなる点です。

そんな突きの問題はただ一つ。それは威力の問題です。普通に腕を伸ばすだけの突きでは、相手に軽いダメージを与えることしか出来ません。それでは相手はひるまずに反撃してくるでしょう。

その問題の解決策は空体道ではただ一つです。その何でもない素人のような突きに全身の重さを宿らせること
です。

力が抜け、全身に重さ(重力)が通った身体なら、そんな夢物語のようなことも可能になると私は思っているのです。

そんな何気ない突きに絶大の威力(重さ)が宿るようになるには、とても長い時間(年月)が必要になります。私も多少は表現出来ますが、まだまだ未熟です。

会員皆さんも私と一緒に見た目と威力が反比例する空体道の理想の突きを目指して精進していきましょう。

posted by ロン at 00:58| 日記