2017年05月12日

立つこと、あるくこと。

立つことと歩くことが練精会の武術、武道の基本であり極意でもあります。

練精会(の教え)として正しく立つことが出来なければ、正しく歩くことが出来なければ、年齢も体格も性別も超越することは出来ないと私は思っています。

身体の力を抜き、重さを足裏に落として、重力と調和して真っすぐに立つこと。

そしてその状態のまま、固まらず、滞らず、筋力を使いすぎず、滑らかに、流れるように、揺らぐように、重力(重さ)に従って歩くこと。

そんな風に考えれば、日常生活すべてが武術、武道の練習になると思います。

会員さんも武術、武道の日常化を図るため、立つこと、歩くことに(楽しく)向き合って下さい。
posted by ロン at 08:37| 日記