2017年10月10日

動きの方向、身体の働き

空体道の型、空法で会員さんに身につけてほしいのは、技としての動きというより、動きの方向と身体の働きの感覚です。

動きの方向は、上下、左右、前後

身体の働きは、身体伸縮、身体開合、身体螺旋

です。

空法の十の型(十種の単式。推掌 劈掌 開合拳 遊掌開 遊掌合 鞭手 直拳 車輪掌、四方捌き、遠心求心)によって、上下、左右、前後の動きの方向、伸縮、開合、螺旋の身体の働きの感覚を理解することによって全身の重さ、全身の協調を高めていくのです。

そしてその先にある重力との調和を目指すのです。

そんな思いを込めて作った空体道の型、空法ですが、私もまだまだ未熟。身についたとはとてもいえません。

だから会員さんに教えながらも私も動きの方向、身体の働きを学んでいるのです。

武術、武道は一生かけて高めていくものだと思います。私は未熟なりにそれが何より楽しいのです。


posted by ロン at 15:24| 日記