2017年12月02日

強い抵抗

例えば手首を持たれた際の崩し、投げの対練の時、相手に強く抵抗されると、なかなかうまくいきません。

最初のうちは、相手の抵抗が強ければ、強いほど、相手を崩し、投げることが困難になります。会員さんの多くがこの段階だと思います。

皆さんのやるせない気持ち、よくわかります(笑)

しかし身体の力が抜けてくるにしたがって、相手の抵抗が強ければ強いほど、技が楽に決まるようになります。

今回の例は手首を持たれた場合の崩し、投げですが、全力で抵抗する相手を手首をわずかに動かすだけで、派手にふっ飛ばしたり、空中で一回転させ投げることも出来ます。

それはこちらの身体の力が抜けていると、相手の抵抗する力が相手にすべてかえってしまうからです。相手は自分の抵抗する力で、吹っ飛んだり、一回転されられるわけです。

そうなるには時間(期間)が必要です(私もまだまだ不十分です)。会員さんはあせらず(無理に力で相手を何とかしようとすればするほど回り道をすることになります)出来なくてもいいから、ひたすら力を抜くことだけをこころがけて、対練に臨んで下さい。そうすればすべて時間が解決してくれます。
posted by ロン at 17:42| 日記