2018年01月12日

重さを感じる

よく自分に問いかけることがあります。

頭の重さを感じているか・・・腕の重さを感じているか・・・胴体の重さを感じているか・・・脚の重さを感じているか・・・手の重さ、足の重さ・・・さらに指の重さ・・・そしてここからは妄想ですが、髪の重さ・・・爪の重さ・・・

妄想はともかくこれらの重さが感じられなければ、身体の力が抜けていると言えないと自分に言い聞かせています。

そしてその重さが十分に感じられた時、その重さの感覚は消えていき、ただ自然体となるのだと想像しています。

年齢、体格、性別を超越した境地を目指して、今日も脱力、脱力です。
posted by ロン at 07:51| 日記