2018年04月15日

膨らむ身体

身体の力が抜けて、重力との調和が進んでいると、身体が内面から膨張する感覚を覚えます。

この身体の膨らむ感覚は、全身の統一化の感覚ではないかと、と私は考えています。

身体の膨張感(統一感)により、手をわずかに動かすだけで、全身の力、全身の重さが、一瞬で相手に伝わるようになるのです。

その膨らむ感覚は、身体の中心、丹田から起こります。丹田からの膨張感が全身に及ぶのです。

丹田からの膨らみは、丹田を膨らませようと意識はしても中々上手くはいきません。作為が腹部の緊張を生むからです。

(膨らませようとする)作為を捨てて、ただ身体の力を抜き、ただ意識を(集中しずきないように)丹田に集まるようにして、空体道の型、対練、組み手を続けていれば、時間はかかりますが、やがて自然に丹田からの膨張感を感じるようになるはずです。

会員さんは、とにかくまずは力を抜いて、抜いて、さらに抜き続けることです。そこから空体道の統一体への道が始まるのです。

鉄の身体の内部に空気を入れても膨らむことはありません。柔らかい柔軟なゴムの身体になって初めて膨らむことが出来ると思っています。

会員さんはあせらず、何年も何年も時間をかけて、私と一緒に身体の可能性を探求していきましょう。
posted by ロン at 13:23| 日記