2018年04月24日

意識を消す

今回は意識についてのお話です。

身体の力が抜けていても、・・・やってやろう、という作為的な意識があれば、その意識が重さの伝わりを止めてしまい、相手に十分な重さを伝えることが出来なくなります。

打撃を入れてやろう、崩してやろう、投げてやろう・・・

そんな作為を意識は消さなければいけないのです。そして無意識の動きに任せて自然に身体を動かすのです。

作為の意識が消えたとき、身体すべての重さが相手に自然に伝わるようになるのです。

とうすれば作為を消すことが出来るのか、と言えば、日々の練習を続けることで自然に消えていくのを待つしかありません。対練、組み手において、いつも私が言っていることを思い出してください。

相手と対立しない、相手を敵だと思わない、相手を受け入れる、相手と一体になる・・・

私もまだまだ未熟ですが、未熟なりに作為の意識が消えた状態を表現すると、自分ではない何かか身体を動かしている感覚、と言えばいいのでしょうか。ちょっと表現が難しいです。

会員さんも練習を続けていれば、いつか作為的な意識が消えていきます。あせらずのんびり練習に取り組んで下さい。
posted by ロン at 14:25| 日記