2018年05月09日

見ない、感じない

「先生と組み手をすると、無表情でどこ見ているのか、何を考えているのかまったく分からない。ドラゴンボールのミスターポポみたい」妻のゆりかにそう言われます(笑)

実は私は何も見ない、何も感じないように組み手に臨んでいるのです。

自分の動きを感じない、相手の動きも見ないこと・・・これが大切だと思っています。

自分の動きを感じない・・・ただぼーっと自分の動きを第三者のように眺めているような感覚。

相手の動きを見ない・・・ただ漠然と周りの風景と言うか、空間を見ているような感覚。

それは自分であって自分ではないような感覚なのです。

そのような感覚になったときほど、ゆっくり動いても私の打撃に相手は反応出来ず、また何の負荷も感じずに相手を崩したり、投げたり出来るのです。

ただし未熟な私ですので、いつもこのような状態でいられませんが、そんな訳で妻の言うところのミスターポポのような顔になってしまうのです(笑)
posted by ロン at 16:40| 日記