2018年05月20日

弱さを認める

若いころは、人より身体能力が高かったと思います。

20代のころは、100メートルは12秒台。垂直とびは65センチ。握力は65.背筋は200ほどありました。

前宙、バック転、バック宙も難なくこなし、戦隊ヒーローのアクションショーやアマチュアプロレスもやりました。

ウエイトトレーニングも大好きで、ベンチプレスは140キロほどあげることも出来ました。

我流でしたが、サンドバックに全力で突き蹴りも連続して一時間は出来ました。

でもそんな無茶なことを続けたおかげなのか、今は身体はぼろぼろです。

両肩は肩板部分断裂、左ひざは靭帯損傷、右ひざも原因不明の激痛で一年間苦しみました。

今、昔の動きをやったら、すぐに身体は壊れてしまうと思います。だから今の私の身体はとても弱いと思っています。

柔軟性もなく、疲れもすぐに溜まり、歩くものしんどくなる時があります。

だから今は、自分の弱さを認めるようになりました。58歳、普通のあるいは普通以下の体力しかありません。

でも武術、武道は相変わらず大好きです。だからこんな弱い身体で何が出来るのか、何をすれば進歩することが出来るのかいつも考えています。

力を抜くこと、必要最低限の筋力しか使わないこと、部分ではなく全身で動くこと、小さな動きで動くこと、ゆっくり動くこと、重さで動くこと、無意識の動き、無心の動き・・・

そんな思いから自分の武道、空体道を創始したのです。

弱さを認め、逆に弱さによって、進歩する武道、そんな武道に空体道を育てたいと思っています。
posted by ロン at 06:04| 日記