2018年06月16日

接触点になる

相手を崩したり、投げたりする時の感覚のお話です。

相手と接触したら、その接触点そのものになることです。

頭も、胸も、背中も、腰も、脚の消していき、自分が接触点だけになったと感じることが出来たら、その接触点は重さそのものになり、触れた瞬間、相手に重さが何のタイムラグなしに瞬時に伝わります。

接触点ではなく他の部位から動くとそうはいきません。

だから接触点以外の部位を消していき、接触点(重さ)そのものとなることがとても大切だと私は思っています。

私もその入り口に入った程度のレベルなので、あまり偉そうにいえないのですが、会員さんは覚えておいてください。いつか分かる日がきっと訪れます。
posted by ロン at 21:11| 日記