2018年07月16日

無意識の動き

今回は 無意識の動き についての考察です。

空体道の無意識の動きとは、思い(作為)の無い動きです。

相手を突く(威力を伝える)のではなく、ただ手を伸ばす(威力を伝えようとも思わない)。相手を蹴るのではなく、ただ足を伸ばす。

相手を崩す(技をかける)のではなく、ただ自分が動く(技をかけようとも思わない)。相手を投げるのではなく、ただ動きたいように動く。

言葉で無意識の動きの感覚を書き表すことは難しいのですが、上記のような意識状態のときに、打撃は(自然に)当たり、崩し、投げは(自然に)決まります。

空体道では、重力(重さに)導かれる動きから、無意識の動きの感覚をつかんでいくのです。

とはいえ、無意識の動きをすべて体現できるほど上達していない私ですので、あくまで理想論として書いています(まだまだ未熟です)
posted by ロン at 16:17| 日記