2018年08月02日

安定と変化

先日、副代表のゆりかがブログで書いてくれていたことですが、練精会にとってとても大切な教えなので、補足的に私も書きたいと思います。

安定と変化。この二つは空体道にとってとても大切な言葉です。

押されず、引かれず、崩されず、投げられず・・・安定した身体。

上下、前後、左右、回転、あらゆる方向に瞬時に動く・・・変化する身体。

安定と変化はある意味では相反する言葉ですが、武道、武術においては相反せず、両立させなければいけません。

練精会では、空体道では、安定と変化の両立を重さに求めました。

全身の力が抜け、重力と調和した安定した身体・・・全身の力が抜け、重さと重力によって変化する身体・・・

私はそんな身体を目指すことによって、衰えない(衰えにくい)武道、武術の道を進みたいと思っています。

安定と中に変化が、変化の中に安定が・・・

空体道がそんな武道に成長してくれたら本当に幸せです。



posted by ロン at 17:46| 日記