2018年09月30日

重さを信じる

練精会では重さを信じることが大切です。

例えば対練でも組み手でもそうですが、相手を崩そう、投げようとした場合、当然ですが相手は抵抗します。

その抵抗を感じた時、多くの会員さんは「こんな抵抗にあったら、力を抜いたままでは無理・・・何とかとしなければ・・・」と半分無意識に身体に力を入れて緊張してしまいます。

体格差、筋力差があれば別ですが、多くの場合力を入れれば(力めば)入れるほど(力むほど)よけいに崩すことも、投げることも出来なくなってしまいます。

重さを信じることです。

力を抜いているのに、相手の抵抗を感じて不安になるのは、まだ力の抜け具合が不十分だからです。

相手の抵抗を感じた時はこう思うようにしてください。

「抵抗を感じるのは、力が抜けきっていないからだ・・・もっと力を抜かなければ・・・」

最初はそう思ってもなかなか上手くはいかないと思います。でもあきらめず抵抗を感じたらもっと身体の力を抜こう、もっと身体を緩めようと思いながら練習を続けていれば、いつか相手の抵抗を感じることがなくなります。

そして自分でも「えーっ、こんなに楽でいいの」と思うくらいの感覚で相手を崩し、投げることが出来るようになる日が訪れるのです。

相手を崩せないから、投げられないから、と何とかしようとあがくより、出来ない自分を素直に認めることが大切です。

そしてひたすら重さを信じてこつこつ練習に取り組んで下さい。そのほうがきっと上手くいくと私は思っています。
posted by ロン at 14:42| 日記