2018年10月30日

長袍(チャンパオ)

今日の北広島クラッセホテル(フィットネススタジオ)の太極拳レッスンはハロウイン企画(スタッフさんに頼まれて)と言う事で、普段は着ない長袍(チャンパオ)を着てのレッスンとなりました。

長袍(チャンパオ)は中国の伝統的な衣装で、カンフー映画の主人公やその師匠が来ている、袖が長く、下はひざ下まである長い服です。ジャツキーチェンやジェットリーが作品でよく着ていますよね。

いつもはTシャツでレッスンですが、一年ぶりに長袍で太極拳(楊式太極拳)をおこなうと、やたら長袍の重さが感じられるのです。腕を伸ばすと、長袍の重さで腕が下に落ちそうになり、また動くたびに身体が下に落ちそうになります。

たしかに長袍はTシャツよりは重い衣装なので、着る度に多少はそのような感覚を覚えていましたが、今年は以前よりはるかに重く感じられたのです。

これはもしかしたら、去年にくらべてずっと身体の力が抜けていてるからこそ感じられた衣装の重さかもしれません。

衣装が重く、ずーんと身体がどこまでも沈んでいく感覚・・・未熟な身ながら、少しは重力との調和が進んだのかもしれない、と一人悦に浸る私でした(笑い)

こんど長袍を着るのは、また一年後のハロウィンです。今日よりさらにさらに重さが感じられたら嬉しいな。

posted by ロン at 14:29| 日記