2018年11月11日

伝えるから伝わるへ

対練や組み手で相手を崩すことや投げることに苦戦している会員さんは意識を変えることが必要です。

相手を崩そう、投げようとする時、多くの会員さんは重さを伝えようと思っていますよね。

空体道では筋力よりも重さを使って崩しや投げをおこないますが、この重さを伝えよう、という意識が問題になることがあるのです。

重さを伝えよう、重さを伝えなければ、という意識によって、自分の身体を必要以上に相手にあずけたり、傾けたり、おおいかぶさろうとする会員さんは多いです。重さをより伝えるためには、相手に身体をあずけたり、傾けたり、おおいかぶさったりしたほうが良いと思ってしまいがちですが、実際はなかなか上手くいきません。

だから気持ち、意識を変えてしまいましょう。

重さを伝える、ではなく、重さが伝わる、という意識を持ちましょう。

重さは重力(鉛直)方向が大基本です。伝えようとする意識によって、身体を必要以上に傾けたりすると逆に重さは伝わらなくなってしまうのです。それは身体を傾ければ、傾けるほど重力方向からずれてしまうからです。

重さは伝えるものではなく、(自然に)伝わるものと思い、身体の力を抜き、重力の方向(まっすぐに)を感じ、わずかに相手に身体を寄り添うようによせて、後はただそっと触れるだけでよいのです。

会員さんはそんなことでは相手は崩れない、投げられないと思うでしょうが、実はその方が重さがより伝わるのです。

重力方向と一致した(自然に)立つ姿勢の時にもっとも重さが相手に伝わる・・・会員さんはこの言葉を覚えておいて下さい。

そして身体の中に重力が通れば、どんな姿勢であっても、また身体のどんな部位からも重さは伝わるようになるのです。

(作為的に)伝えるから、もっと自分を解き放ち、(自然に)伝わる・・・これが大切だと思っています。
posted by ロン at 16:06| 日記