2018年11月21日

腕を動かさない

空体道では腕を動かさない、と言う教えがあります。

これは腕を使うな、と言う意味ではなく、腕の筋肉を主として腕を動かさない、と言う教えです。

腕力だけで腕を動かしても(筋力のある人は別ですが)そこから生まれる力はたいしたことはありません。

ではどうするかと言えは、二つの方法があると思います。

一つは体幹部を使って腕を動かす方法。体幹部の伸縮、開合、捻り等の動きによって腕を動かせば、体幹部の強大な力が腕に伝わり、その腕による打撃、崩し、投げの威力は非常に高いものとなります。

もう一つは(空体道ではこちちらの方法を選択しています)、腕の筋肉は、腕の動きの方向性だけに必要最低限だけ使い、威力は身体の重さにまかせる方法です。動きの方向は筋力、威力は重さによって、腕に全身の重さが伝わりますので、こちらの方法でも強力な打撃、崩し、投げをおこなうことが可能になります。

とにかく腕は器用に動きますので、注意しないとすぐに腕だけで動こうとし、そして腕だけで力を出そうとしてしまいます。

二つの方法に優劣はないと思っています。また二つの方法はつながっている部分も多いと思います。ただ会員さんに分かりやすいように説明すると上記のような説明になりました。

会員さんは一人(の力で)でかってに動き回ろうとする腕に注意して、基本、型、対練、組み手に臨みましょう。
posted by ロン at 19:27| 日記