2018年11月26日

重さにゆだねる

今回もいつものように妄想気味に話は進みます(笑)

相手の抵抗を無(触れるだけで制する境地)にするためには、まず自分が無にならなければ、と思っています。

そのためには、重さにゆだねること、が大切だと私は思っています。

重さにゆだねることは、重力にゆだねること・・・

身体もそして意識も重さにゆだねる・・・全身の力を抜ききり、こうしよう、ああしよう、と言う思いも消し、ただ重さにすべてをゆだねて動くこと・・・相手がいなくても(基本、型)、相手がいても(対練、組み手)重さのままに動くこと・・・

身体も意識もすべて重さ(重力)にゆだねて、ただ重さのままに動くこと・・・その先に人の可能性が広がっているように私は感じています。

私も全然まだまだ・・・力みは残っているし、作為の意識も消えませんが、いつかかならずと思い(無理なく楽しく)稽古に励んでいます。会員さんも私と一緒に、重さにゆだねる、を探求していきましょう。


posted by ロン at 14:16| 日記