2018年11月27日

帯審査

空体道を創始して、道着着用、そして帯審査を導入しました。

空体道の帯は、白帯、茶帯、黒帯の三種のみで、級や段制度はありません。

現在、代表の私と副代表のゆりかが黒帯、そして会員さんでは茶帯が三人います。

帯審査は年二回。6月と12月。そして来月に黒帯に二人、そして茶帯に一人、帯審査を受けることになりました。

審査内容は、茶帯は型と組み手。黒帯は型と自由舞と組み手になります。

審査する身としては全員受かってほしいのですが、そこは私情は捨て、純粋に型、自由舞、組み手の動きの質で評価していきます。

今回で二回目の審査会です。受かれば会員さん初の黒帯の誕生、茶帯は女子では二人目の誕生です。

今週の日曜が審査会ですから、もしかしたら受ける会員さんはすでに緊張しているかもしれませんが、普段どおりでよいので、楽な気持ちで動きの質を見せてください。

そしてこれからも帯を目指す会員さんがどんどん増えていくのを私は楽しみにしています。無理せず、気楽に、楽しく、頑張れ会員さん!
posted by ロン at 19:01| 日記