2018年11月29日

頭、股下、足裏

手(腕)はとても器用に動きます。その手の器用さが今の文明を築いたのでしょう。

しかし空体道にとってその器用に動く手(腕)が問題になることがあるのです。

基本でも型でも対練でも組み手でも、どうしても器用に動くだけに意識が手に集まってしまうのです。

手に意識が集中しては、相手に伝わる重さは手の重さだけになってしまいます。手(腕)の重さは2キロから3キロほどです。その重さだけでは、当身、崩し、投げ、いづれもたいした威力はありません。

手に意識を集めてはいけません。意識は頭から股の下、そして足の裏まで通っている必要があるのです。

頭から股下、足裏に意識が通る(集中)することによって、初めて全身の重さが相手に伝わると私は思っています。

私がふあっと会員さんに手を触れるだけで崩したり、投げたり出来るのは、どんな動きをしても意識が頭、股下、足裏まで通っているからです。

そして本当に力が抜けたなら(重力との調和)、何も意識する必要はなく、どうでも好きなように身体を動かせば、その動きに全身の重さが宿るのです(そんな境地は私もはるかかなたですが・・・)

とにかく会員さんは、手に意識を囚われないようにして、頭、股下、足裏を意識するようにしてください。

ただし作為的に意識しすぎて力まないように十分注意しましょう。






posted by ロン at 22:39| 日記