2018年11月30日

おじぎ

空体道では、相手の突きを払って崩す技が多くあります。

うまくいかない会員さんへのアドバイスです。

崩す際は、丁寧にお辞儀をする感覚が大切です。

丁寧にお辞儀をする時、身体は左右にぶれることなく、まっすぐに腰から身体を折ってお辞儀しますよね。

でも会員さんの多くは、どちらの手で相手の突きを払うにしろ、払う手につられて、身体の線は左右どらからにぶれ、腰ではなく、背中あるいは頭から重さをかけようとしています。見ていて美しい姿勢ではありません。

身体がふれて、そして中心から動いていない技で、相手を崩すことは出来ません。重さが伝わらないのです。

お辞儀の姿勢を思い出してください。どちらの手で突きを払おうと、左右にぶれず(中心を保つ)、腰から(中心から)動けば、あとは何の操作をしなくても、相手に重さが伝わり、あっけないほど簡単に相手は崩れてしまいます。

文才がないので十分に説明が出来ないのですが、実際の稽古でこの感覚を伝えたいと思っています。

ただ崩し時は、礼儀正しくお辞儀をするように、という言葉を忘れないで下さい。
posted by ロン at 19:11| 日記