2018年12月08日

体幹部の動き

今日の昼、妻のゆりかと録画していた札幌のダンス大会を観ました。

ヒップホップやハウスなど、小学生から若者まで、とても素晴らしいダンスを踊っていました。

それに刺激された私「ゆりか、ちょっと踊ってみるから見てみて」とヒップホップ風のダンスを踊ると「50代とか60代のヒップホップの大会があればいい線いくかも」とお褒めの言葉をいただきました。

お世辞が入っていてることは分かってはいますが、それなりに踊れるのです、私。

ダンスは習ったことはないのですが、私の体幹部はかなり動くので、その体幹部の動きに手足を合わせると、それなりにストリートダンスっぽく見えるのです。

私に体格部の動きを教えてくれたのは、形意拳、八卦掌を学ばせていただいた老師でした。老師は体幹部の動きを伸縮、開合、螺旋、と分類して教えて下さいました。体幹部と手足が一致された老師の動きは、速く、滑らかで、力づよく、変化にとんでいて、もう表現が出来ないほど素晴らしく、心から憧れたものでした。

老師から独立した後も、未熟なりに体幹部の動きはずっと練習していたせいか、(肩関節、股関節は普通の人より可動範囲が狭い私ですが)、59歳になっても、それなりによい動きか出来るようです。

空体道の基本にも体幹部の動きは取り入れてあります。

手足、そして全身の力を抜く基本が脱力法(腕振り、足振り、腰伸ばし、体ゆすり、体振り)、そして体幹部を開発する基本が操身法(肩回し、脇伸ばし、腹伸ばし、胸のばし、腰まわし、お皿回し)です。

脱力法、操身法ともに場所をとらないで練習出来ます。空体道の型、空法を上手くなりたかったら、まず基本の脱力法、操身法です。会員さんは会の練習だけになることなく、時間がある時は、基本の動きに取り組んで下さい。ただし、くれぐれも力を抜いて、力まないように注意しましょう。


posted by ロン at 16:34| 日記