2018年12月24日

脱力法

空体道の基本に脱力法があります。その脱力法の中の、腕振り、脚振りについて説明します。ほとんどの会員さんは分かっている?(笑)と思いますが、念のため。

腕振り、脚振りは、手足の力を抜くために、様々な方向へ手足を振ることにその目的がありますが、もう一つ大切な目的があります。

それは手足の打撃目的の練習です。空手道で言えば、その場での基本の突き、蹴りの練習に相当します。

腕で言えば、四つ(今は三つですが今後一つ増やします)の腕振りは、上から振り下ろす打撃、前に打ち出す打撃、横に振る打撃、回転する打撃となり、二つの脚振りは、前方向の蹴りと斜め方向の蹴りとなるのです。

力を抜ききって、腕を振ることが手による打撃、脚を振ることが蹴りの基本練習となるのですが、会員さんはその理解だけして、腕振り、脚振りの練習をする時はそのことを忘れてください。打撃、蹴りを意識してしまうと、力みが生まれやすいからです。

空体道はとにかく力を抜いて身を守る武術。だから組み手の際も、腕振り、脚振りの感覚通りに打撃を繰り出して下さい。打つ、蹴る、ではなく、腕を振る、脚を振る、ですよ。

posted by ロン at 16:50| 日記