2018年12月24日

感じる

空体道は護身術ですが、襲ってくる相手から身を守る以外の側面もあってほしいと願っています。

例えば、ある場所にいて、何か違和感を感じたので、その場から去る。またある人と話していて違和感を感じたので、話を切り上げ、その場から去る。さらにある場所に行こうとしていたが、違和感を感じていくのをやめる・・・

もし違和感を感じず、その場所にいたら、相手と話していたら、その場所に行ったら・・・火事が起こった、乱闘になった・・・建物が崩れてきた・・・このように何かが起こる前に察知して身を守ることも、りっぱな護身術ではないでしょうか。

そのためには、感じること だと思います。何か違和感のようなものを感じたら、頭(理論、経験、常識)で判断せず、その違和感を信じて即行動すること。それが 感じること だと思っています。

感じること、は特に組み手によって開発されるように私は考えています。組み手で考えている暇はありません。考えた途端、隙が生じてしまいます。感じるしかないのです。相手の動きを、攻撃を、変化を・・・そしてさらには動く前の相手の意識を感じることが出来れば・・・

そんな練習の積み重ねから、感じる能力は磨かれていくのではないでしょうか。

私もまだまだ全然ですが、感じる ことは空体道にとって大切な目標だと思っています。会員さんもそんな気持ちで空体道に取り組んでくれたら嬉しいです。


posted by ロン at 18:26| 日記