2019年01月15日

構え

空体道には、左手を前に構える左構えと、右手を前に構える右構えがあります。形意拳の三体式、太極拳の手揮琵琶勢を参考にした構えです。

この構えは組み手にも生かされるわけですが、会員さんが組み手においてこの構えをとる時、同じ構えでも私にはまったく異なる二つの構えに見える時があります。

一つは、来るな、近寄るな、といった拒絶の心が反映された構え、そしてもう一つは、どうぞ、いらっしゃい、といった受け入れる心が反映された構えです。

拒否の心を持った構えは、腕に力が入っていて、ぎこちなく、動けなさそうに見えます。

受け入れる心を持った構えは、腕の力が抜けていて、いつでも、どうにでも変化することが出来そうに見えます。

同じ構えでも、心の持ちようによって、まるで違う構えのようになってしまうのです。

拒否する構えは、構えのための構え。固定化されて、変化に乏しい。

受け入れる構えは、構えあって構えなしの構え。柔軟で、瞬時に変化する。

会員さんはどちらの構えをとっているでしょうか?願わくば、すべての会員さんが、受け入れる構えをとってほしいと思っています。

拒否からは何も生まれません。力を抜くことも、重さで動くことも、その重さを伝えることも難しいのです。自分もそして相手も成長することが出来ません。

何度か書いていますが、空体道の組み手はソフト組み手です。怪我もしないし、痛い思いも少ないと思います。だから心の壁を取り去って、どうぞ、ようこそ、いらっしゃい、ありがとう、と受け入れる構えになって、組み手を楽しんでほしいのです。

組み手で相手を拒否しそうになったら、受け入れる構え、自分も相手も成長することの出来る構えに戻って下さい。どうぞ、ようこそ、いらっしゃい、ありがとう、です。



posted by ロン at 14:54| 日記