2019年01月20日

意識の隙

組み手の練習を続けているうちに、相手の動きの隙が分かるようになってきます。

相手のわずかなバランスの乱れ、崩れを察知して技を繰り出すと、打撃にしろ、崩しにしろ、投げにしろ、決まる確立が高まります。

そしてさらに組み手の練習を続けているうちに、相手の意識の隙が分かるようになってきます。

相手のバランスが整っていて、防御姿勢がしっかりされていても、意識に隙があると、打撃はなぜか入り、崩し、投げも、相手は万全な姿勢なのに、なぜかかかるのです。

相手の意識の隙が分かる感覚は、相手の意識の中に入っていく感覚、または相手の時間の中に入っていく感覚と言えるかもしれません。相手の意識が空白の瞬間、相手の時間が止まり、動きが止まるのです。その一瞬の隙が感じられるのです。

相手が止まっている瞬間に、打撃を繰り出せば、相手はよけることが出来ず、崩し、投げをかければ、相手は堪えることが出来ない訳です

しかしまだまだ未熟な身ですので、いつも感じられるわけではありません。たまにです。それに先生と生徒の組み手だから感じられますが、実際の闘いでそれが感じられるのかどうかは、私のレベルでは甚だ疑問ではあります。

それではどうしたら、相手の意識の隙が感じられるようになるのかは、正直よく分かりません。組み手の最中、ふっと何気なく感じるだけなのです。

でも、もしかしたら今日の空体道教室の最後に私が会員さんに語ったことが大切なのかも知れません。

「空体道の理論を知って、そして理論に囚われず、基本、型を知って、そして基本、型に囚われず、対練で技を知り、そして技に囚われず、組み手によって相手の存在を知り、そして相手の存在に囚われないこと」

この囚われない心がキーワードになるように私には思えるのです。

以上、今回も妄想全開の武術随想でした。
posted by ロン at 12:37| 日記