2019年01月21日

バランスとアンバランス

空体道の身体の動きの質にはバランスとアンバランスがあります。

身体にとってバランスが整っていることがまず大切です。バランスが整っていないと、身体のどこかの部位にひずみが生じ、動きの質が低下し、技の質も低下してしまいます。姿勢や動きのバランスを整えることによって、動きの質、技の質が向上します。

しかしバランスが整った後のアンバランスな動きの質もまた空体道にとっては大切な要点となります。

アンバランスは変化をもたらします。アンバランスの変化は多彩で、思いもよらない自由自在な動きを生み出すのです。

バランスによる安定とアンバランスによる変化。それは秩序と混沌。この二つの異なる質の融合を空体道では求めていくのです。

バランスの中にアンバランスが、アンバランスの中にバランスが内包された動きの質。それは力の抜けた身体の質ではないかと私は思っています。

力の抜けた身体の重さがバランスを生み、その重さがアンバランスをも生み出します。安定しながら、自在な変化をする身体の質を会員さんは目指していきましょう。

未熟ですが、以前アップした私の自由舞の動画です。会員さんは参考にして下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=mkT3_VLRqzg





posted by ロン at 13:47| 日記