2019年01月25日

回転動作

空体道の十二の型、空法には回転動作が含まれている型が多いのです。

それは私が回転動作が身体の可能性を引き出しやすいと考えているからです。

空法の型は循環する型ですから、途切れず延々と回転動作を続けることが出来ます。

回転動作が一番如実に表現されているのが十二番目の型、遠心求心です。前に移動して180度回転、その流れで後ろに移動して180度回転、その動きに手の動きを加えて、回転に遠心の回転、求心の回転を表現します。

私は回転動作を続けることによって、まっすぐが身体の中に通るようになり、重力感覚がつかみやすくなり、そして身体が一つにまとまり、身体の全体性の感覚もつかみやすくなると思っています。また技としては、回転による打撃、崩し、投げが身につきやすくもなるのです。

会員さんは、一人練習の時は遠心求心の型を主として、他に左右旋回、三角転身、四方転換の型も加えて、ちょっと古いですが、円 広志さんの歌のようにひたすら、まわって、まわって、まわって、まわるう〜と回転を楽しんでみてはいかがでしょうか
posted by ロン at 08:13| 日記