2019年02月11日

副代表の丹田

たまに家で副代表のゆりかとお互いの両掌を合わせて、ゆりかの身体の質を確認することがあります。

掌から伝わってくる微妙な圧力で、その圧力がどこから来るのか確認する訳です。

最初の頃(かなり前ですが)は腕や肩を感じました(これはあまり良くはありません)。そして次第に、腕、肩から背中を感じるようになり(かなりの進歩です)、そしてさらには足裏を感じるようになりました(身体が通ってきた証拠ですね)。

今のゆりかと掌を合わせると、ゆりかの掌から丹田からの圧力を感じるようになりました。丹田から膨張するような圧力が私の掌に伝わってくるのです。

副代表、まだまだ未熟ですが、身体の力が抜けた後の、丹田からの膨張感をつかんできたようです。

私もゆりか同様にまだまだ未熟ですが、上記の丹田感覚があります。身体の力が抜けた後、自然に丹田に張り感が芽生え、その張りが全身に及ぶ感覚。

その全身に及んだ張り感が身体を一つに纏め上げ、全身の重さ全てを自分のものとすることが出来るのです。

ただし、先ほど書きましたが、私のゆりかもその入り口ぐらいがいい所です。まだまだものにするには長い時間がかかると思います。

ただ会員さんは、丹田を作為的にどうこうしないようにお願いします。とにかく身体の力を抜くことに専念して下さい。力が抜けた先に、自然に丹田感覚が芽生え始めます。作為は力みを生んでしまいます。

ああ、丹田は身体の中心に存在するんだ、くらいの意識だけ持っていれば今は十分だと思います。あせらず、気負わず、ただひたすらに身体の力を抜いていきましょう。
posted by ロン at 17:52| 日記