2019年03月02日

意識の線

身体の力を抜き、重さを頭から足裏まで落すために練習を続けていると、その過程で意識の線が芽生えてきます。

それは頭から足裏までの真っ直ぐの意識の腺です。この意識は力を抜くことと同じくらい連精会にとっては大切なものなのです。

頭から足裏まで落ちる重さ。頭から足裏まで通る意識。
この二つが一つになった時、初めて重力と身体の調和が生まれるのだと私は思っています。

基本の操身法も型の空法も、頭から足裏まで落ちる重さ、頭から足裏まで通る意識、会員さんはこの二つの言葉を忘れてはいけません。

その二つは重力との調和につながっているのですから。
posted by ロン at 21:09| 日記