2019年04月22日

景色

力を抜くことに特化するようになった当初、力が抜けた身体はこんな風かも、といろいろ想像を巡らしました。

そして還暦を迎える頃になって少しは力が抜けるようになった今、想像より力が抜けた世界はずっと素晴らしいことに感激しています。

30代、40代の血気盛んな頃に出来なかったこと難しかったことが、50代終わりには無理しなくても楽に出来るようになってきたのです。

想像していた景色より、素晴らしい景色を見ることが出来るのは本当に嬉しいことです。

でも以前より強いかどうかは分かりません。30代、40代の頃は今のように重さを十分に活用は出来ませんでしたが、空手諸流派、キックボクシング、ボクシング等の沢山の方たちと交流組み手、スパーリングをしていたので、戦い慣れと言うか、戦う感覚は研ぎ澄まされていたのです。今は交流はしませんし、生徒ともガチの組み手はしません・・・

でも強くても弱くてもどちらでも良いと素直に思えるようになりました。

とかにく力が抜けた世界、景色が楽しくて楽しくて仕方がないのです。そしてこの先もその世界は続いているのです。いくつになっても楽しめる世界・・・景色・・・

だから会員さんにも、何とか力が抜けた世界、景色を見せてあげたいと思っています。

会員さんもその世界、景色を楽しみに練習を続けて下さいね!



posted by ロン at 16:49| 日記