2019年05月08日

ただ何となく

自分に意識を向ける時、身体に集中しすぎてはいけないと思っています。

ただ何となく全身をぼーっおぼろげにと感じているだけでよいのです。

相手に意識を向ける時、相手の動きに集中しすぎてはいけないと思っています。

ただ何となく周囲の風景と一緒に相手をぼーっとおぼろげに見ているだけでよいのです。

自分に集中しずぎると、自分に囚われ、相手に集中しずきると、相手に囚われてしまいます。それでは身体本来持っている素晴らしい能力を発揮することは出来ないのです。

自分にも相手にも囚われなくなった時、人本来の能力が生き生きと働き始めるのでは、と私は思っています。

会員さん、ただ何となく、の気持ちで空体道の稽古に臨んでくださいね。
posted by ロン at 10:03| 日記