2019年05月28日

どこから

会員さんとの会話です。

「先生、身体を動かす時は、どこから動かしたらよいのでしょうか。腰?足?それとも背中でしょうか?」

「そうですねぇ・・・どこから動かしたらよいかと言う思いを無くしたらよいと思います」

「はあ?」

「あくまでこれは空体道の考えとして聞いて下さいね。武術には様々な考えがあり、それぞれが皆素晴らしいのですから」

「はい」

「空体道は全身の力を抜いて、重力との調和を目指す武術です。ですから極力作為を無くしていきたいのです。どこから動かすではなく、どこからでもなく動く、と言った気持ちが大切なのです。力を抜いたら、自分ですべてをコントロールしようと言う気持ちを捨てて、身体にそして重力にまかせて動くのです」

「なるほど」

「私(と言う思い)を一歩引き、作為を消すことによって、身体は自然に一体となって動くようになるのではないでしょうか」

「分かりました」

「私もそんな境地にはまだまだです。一緒に精進しましょう」
posted by ロン at 15:24| 日記