2019年06月25日

乗る

空体道では、頭は首に乗り、首は体幹部に乗り、体幹部は脚に乗る感覚が大切になります。

それぞれの部位の力が抜けて、頭、首、体幹部、脚と乗って身体がーつにつながっていきます。

でもまだ一つ最も大事な部分が抜けているのです。会員さんは分かりますか。

それは脚が地面に乗っていることです。

力の抜けた部位、頭、首、体幹部、脚、それらがつながって地面に乗ること。地面にちゃんと身体が乗ることによって初めて、重力が頭から足裏まで通り、重さを自在に活用することが可能になるのです。

会員さんは立禅の時、頭、首、体幹部、脚、そして地面とちゃんと乗っているのかどうか確認してしましょう。
posted by ロン at 14:33| 日記