2019年06月29日

柔の防御 剛の防御

今回は防御のお話です。

空体道の防御には柔の防御と剛の防御があります。

柔と剛と言っても、脱力に特化した空体道ですから、剛と言ってもあくまで脱力体のままおこないます。なので正式には柔の中の柔の防御、柔の中の剛の防御と言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。

柔の中の柔とは相手の攻撃を飲み込むような防御。相手の攻撃を流す、反らす、かわす。攻撃に逆らわず、その流れに乗って受け、相手の威力を消し、そして自らの勢いでをバランスを崩した相手に反撃を加えます。自分の身を安全を確保したのちの反撃。

柔の中の防御とは相手の攻撃をつぶしてしまう防御。相手の攻撃は受け流さす、そのまま手や腕で受ける、払う、抑える。全身の重さが手に宿れば、防御した手から相手にこちらの全ての重さが伝わるので、その重さで攻撃した相手が崩れ落ち、あるいは吹っ飛びます。防御と同時の反撃。

空体道の組み手は柔の防御からの攻防を練習します。護身術として考えれば、とにかく柔の防御での変化を身につける必要があるからです。まず自在に相手の攻撃を受け流せる身体を目指すのです。

柔の中の剛の防御。私もまだまだそれをやると力みが混じってしまいます。だから会員さんは、柔の防御に徹底して組み手に望んでくださいね。
posted by ロン at 22:44| 日記