2019年07月03日

武運

私が中国武術を指導していた頃、体育館で知り合いになった合気道を修行されている方から「素晴らしい先生がいらっしゃるので、一度行ってみませんか」と声をかけていただきました。

それまで合気道は体験したことがなかったので、「よろしくお願いします」と体験に行ったわけです。

体験して感じたことは、本当に素晴らしい武道だと言うことでした。先生の手を取った瞬間、こちらの中心に柔らかいのですが、何とも抗えない力がきて、何度も宙を舞わされました。

これが合気道か、と感動しました。

ならば、と先生に入門をお願いしたところ、他武術の指導者である私をすぐに受け入れてくださいました。本当に感謝しています。

その後、先生つながりの縁で、他に二人の合気道の先生とも知り合いになることが出来まして、一年半ほどの短い間でしたが、三人の素晴らしい先生に合気道の教えを受けることが出来たのです。

一人の先生には体術を、一人の先生には技術の他に合気道の歴史や精神性を、一人の先生から合気剣と合気杖の基本を、それぞれ学ばせていただきました。

また一人の先生は、大東流合気柔術の心得もあり、稽古では大東流の技も体験させていただく貴重な機会もありました。

空体道の核は私が学ばせていただいた中国武術の太極拳、八卦掌、形意拳ですが、上記のように合気道の影響も大いにあるのです。

私はもしかしたらですが、武運があるほうなのかも知れません。内家拳、合気道の素晴らしい老師、先生に学ぶことが出来、そして多くの空手道の方々との交流が出来たからです。

そんな武運(出会い)に恥じないように、これからも空体道を深めていきたいと思っています。

posted by ロン at 12:19| 日記