2019年07月16日

歩み続ける

武術を続けて約28年経ちました。

練習、研究を続けていると、ふっと感覚が変わり、自分が進歩した瞬間をはっきり自覚することがあるのです。

今まで見えなかった段階、感じられなかった段階、それがはっきり見え、感じられるのです。世界が変わったように感じられ、武術の奥深さを味わいます。

そしてその段階を何年か歩んでいると、その段階では見えなかったもの、感じられなかったものが、はっきり見え、感じられる瞬間が訪れます。また段階が上がったのです。世界が変わったように感じられ、さらに武術の奥深さを味わいます。

そしてさらにその段階を何年か歩んでいると、その段階では見えなかったもの、感じられなかったものが、はっきり見え、感じられる瞬間が訪れます。またまた段階が上がったのです。世界が変わったように感じられ、さらにさらに武術の奥深さを味わいます。

そしてさらにさらにその段階を何年か歩んでいると・・・

このように武術の奥深さには際限がないように思えます。新たな世界の先には、また新たな世界が、そしてその先にはまたまた新たな世界が・・・果てがありません。

私がこの先、どこまで新たな段階、新たな世界にいけるのか分かりませんが、その果てのない歩みが本当に楽しく、幸せなのです。

だからこれからも空体道の道を歩み続けようと思っています。
posted by ロン at 15:41| 日記